【激ヤセ】沢尻エリカのダイエット方法4つ【激太り時の画像あり】

ハッピーメールバナー



映画「ヘルタースケルター」で、全身整形の美貌を武器にトップスターへと上り詰めた主人公・りりこ役を見事に演じきった女優の沢尻エリカさん。

映画でその美貌を思う存分さらけ出した彼女ですが、実は一時期太っていたと言われています。今回はいかにして彼女がダイエットに成功したのかを調べてみました。

こちらもどうぞ→痩せた芸能人のダイエット方法まとめ【随時更新】

沢尻エリカさんのプロフィール

名前:沢尻エリカ(さわじり・えりか)
出身地:東京都
生年月日:1986年4月8日
身長:161cm
体重:非公開
スリーサイズ:83 – 58 – 86 cm
血筋:ハーフ

 

日本人の父親とアルジェリア系フランス人の母親の間に生まれたハーフである沢尻エリカさん。

幼少期は、父親が競走馬を数十頭所有するほどの裕福な家庭で育ったそうですが、中学の頃に病気でお父様を亡くされています。また、その直後お兄様が交通事故で亡くなられています。

小学校6年生のときに芸能界デビュー。初めての仕事は「りぼん」懸賞ページのモデルで、その後「ニコラ」のモデルをされていました。

2002年「フジテレビビジュアルクイーンオブザイヤー2002」に選出。翌年TBS系列ドラマ「ホットマン」で連続テレビドラマ初出演を果たし、この頃から女優としての活動が中心となっていくことになります。

2005年映画「パッチギ」で演じたリ・キョンジャ役が高く評価され、数多くの映画賞・新人賞を受賞。同年ドラマ「1リットルの涙」でも、その演技力の高さが評価され、翌年のエランドール賞新人賞、ゴールデンアロー賞新人賞の受賞につながりました。

2007年映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶での不機嫌な態度が問題となり世間・マスコミからバッシングの嵐が巻き起こることに。舞台挨拶での「別に・・・」という言葉は、当時彼女の態度を揶揄する表現として様々な場所で使用されていました。

この時の出来事がきっかけとなり、その後所属事務所のスターダストプロモーションからも専属契約を解除された沢尻さん。芸能活動をしばらく休止された後、2012年女優復帰作となる映画「ヘルタースケルター」に出演。日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。

その後は、再び第一線に復帰され、「ファーストクラス」「ようこそ、わが家へ」「新宿スワン」「大奥」など、コンスタントにテレビドラマに出演し続けています。

 沢尻エリカさんの身長と体重

沢尻エリカさんの身長は161cm

ネット上では体重53kgとの噂もあるようですが、「ヘルタースケルター」でのスレンダーな体型から考えると、もしかすると40kg台後半でもおかしくないと思われます。

 沢尻エリカさんの標準体重と美容体重

沢尻エリカさんの身長からBMIにより標準体重と美容体重を算出すると、

 標準体重(BMI 22):22×1.61×1.61 = 57.02 (kg)

美容体重(BMI 20):20×1.61×1.61 = 51.84 (kg)

BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

となります。現在の体重を仮に53kgとすると、BMIは約20なのでベストな美容体重と言ったところでしょうか。BMIは低ければ低いほど良いというものではないので、美容体重くらいが女性らしさも保たれていて素晴らしいですよね。

 沢尻エリカさんのビフォーアフター画像

激太り?と噂された時期の姿

腕はそれほど太いとは感じませんが、腰回りから太ももにかけての肉が結構しっかりしている印象を受けます。特にバックショットではお尻がかなり目立ちますね。

純粋な日本人と比べても見分けがつかないほど、日本人の血が強く出ている沢尻さんですが、彼女はハーフの方なので、純日本人から比べると遺伝的に腰回りから脚にかけてに肉がつきやすい可能性が高いと思われます。

そのため、この頃も特に激太りしたというわけではなく、体質的に自然とそうなっていたと考えるのが正しい見方なのではないでしょうか。

ダイエット後とされる画像(激やせ)

いかがでしょうか?先ほどの激太りが噂された時期の姿と比べると、かなりスレンダーな体型になられていると感じませんか。

実は、沢尻さん、映画「ヘルタースケルター」での役作りのために、かなり過酷なダイエットに挑戦し、見事それを乗り切って、現在のスレンダーな体型を手に入れられたのだそう。果たして、そのダイエットの中身とは一体・・・?

 

沢尻エリカさんのダイエット方法まとめ

①1日1食ダイエット

meal

モデルプレスの記事で過酷なダイエットに挑戦されていたことが伝えられています。

 

沢尻エリカの女優魂が感じられたのは、彼女が絶世の美女・りりこになりきるために実践したという過酷なダイエット。撮影の二ヶ月間、朝食のみの「一日一食」を徹底していたというのだ。

 

引用:沢尻エリカの過酷ダイエット 美しいランジェリー姿の裏側 – モデルプレス

 

「朝はちゃんと食べるけど…あとは食べれない」と神妙な面持ち。かつて「冷蔵庫の中身が全部チョコレートだった」こともあるという彼女だが、大好きな甘いものももちろん我慢。

 

さらに「痩せてるはずなんだけど…自分ではわかんない」と話す彼女の表情は鬼気迫るものがあった。

 

引用:沢尻エリカの過酷ダイエット 美しいランジェリー姿の裏側 – モデルプレス

 

福山雅治さんや、タモリさん、ビートたけしさんなど、著名な芸能人も実践されているという「1日1食」の食生活。

 

食べる回数が増えると、どうしても摂取するカロリーも多くなってしまいがちなのですが、1日1食であれば食べ過ぎてしまう心配も少ないですね。

 

ただ、ダイエットの定説としては、「1日1食では1日に最低限必要なカロリーが不足しがちなため、身体が飢餓状態と勘違いして脂肪を溜め込もうとするようになる」と言われているため、あくまでも短期間で急激に痩せたい人のための方法と言えるかもしれません。

 

しかし、1日1食生活を長く続けられている福山雅治さんやタモリさんが特に太っていないことや彼らが病気にもなられていないことから考えると、もしかすると長年定説とされてきた説が間違っている可能性も無いとは言い切れないでしょう。

 

そもそも、1日3食が常識になったのはつい最近のことで、江戸時代以降のことだと言われています。それまでの日本人は1日2食で、今の日本人よりも遥かに身体を使う生活ができていたわけですから、3食摂ることが絶対必要とは言えないのではないでしょうか。

 

②フルーツダイエット

fruits-wallpaper-21

沢尻さんは、普段お米はあまり食べられないそうで、代わりにフルーツを多く摂るように意識されているようです。

 

また、揚げ物は摂らず、お肉よりもお魚をチョイスすることでヘルシーな食事を心がけ、小腹が空いた時の間食にはフルーツを少し食べるようにされているそうです。

 

③飲み物ダイエット

herbal-tea-new

 

しょうが紅茶、リンゴ酢などにハマっているという沢尻さん。しょうが紅茶には、利尿作用や冷え防止効果があると言われており、身体の健康を内側から整えてくれる働きがあります。

 

リンゴ酢も健康によい飲み物とされているので、日頃からいかに彼女が食生活に気を配っているかがうかがえますね。

 

④運動やエステも欠かさない

c700x420

ポールダンスやヨガをされているという沢尻さん。幼少期から乗馬を習っていたこともあり、時間のある時は乗馬でエクササイズをされることもあるとか。

また、大きな撮影の前には1週間以上前からエステに通われているそうで、かつてCMを担当したたかのビューティークリニックの院長であるたかの友梨さんから直接美容指導も受けられているとか。

 

まとめ

映画「ヘルタースケルター」で見事な美ボディを披露し、女優魂を魅せつけた演技派俳優の沢尻エリカさん。

 

いつも美しい印象しかない彼女も、実はハーフということもあって太りやすい体質なのだとか。そんな大変さを少しも見せず、陰ながら努力されている彼女のストイックさには頭が下がる思いです。

ハッピーメールバナー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です